トップページ別館昭和なスーパーめぐり>ダイエー上溝店

ダイエー上溝店

神奈川県相模原市にあるダイエー上溝店のレポートをお届けします。

忠実屋19号店の上溝店として1972年オープン。

地上4階の建物に別棟の銀行のある当時としてはかなり大型のGMS(総合スーパー)です。

屋上広告塔、垂れ幕とまさに70年代のGMS。超王道スタイル。

さらに店内にはドムドムハンバーガーまであるというすばらしさ。(忠実屋時代はレストランだったらしいです)

ずっとこのままでいてほしいです。個人的なお願いですが。あいにくの雨となってしまったのが残念。

壁にはUのような凹みの装飾があり、非常用のベランダや入り口前の屋根なんかも同一の意匠で統一されています。

屋上遊園地が無いのが残念。昔は当然のごとくあったようですが今は閉鎖。これがあったら完璧なのに。

飛び出るようにくっついた銀行棟。3階建てです。

銀行建築らしい窓の多いスタイルですがやはり窓の意匠はUの字で統一されているという徹底ぶり。

広告塔の下、階段の所だけ銀行棟と同じようなガラス張りになっています。

横長の屋上広告塔。大月店や西八王子店など初期の忠実屋店舗に共通する横長タイプ。

忠実屋らしい床のタイル。

相模原市災害時生活物資協力店。

大規模小売店舗。自社物件のようです。日付は昭和49年3月1日と大規模小売店舗法の施行直後。

左側面。複雑に入り組んでいる感じ。

こっちの面はガラス張りが3連続。

側面の入り口。

何故か側面入り口は高い位置にあります。坂に建っているんでしょうか?

こっちは違うタイプのタイル。

奥まった所にも入り口があります。

後ろ姿。のっぺりしているのはスーパー建築の特徴でしょうか。

左側面。

綺麗な螺旋階段。

壁の丸い穴は3つともサイズが違っていたりやっぱり上はU字型になっているなどやけに凝っています。

ダイエー上溝店、なかなかやりますね。

エスカレーターは日立製。

2階から上は1人乗り用のタイプとなっています。

1人乗り。忠実屋店舗ではおなじみのタイプです。大月店と同型。

ランディングプレート。階数表示が無いタイプです。

この年代の店舗ですがちゃんと上下エスカレーターがあります。

忠実屋初期の大型店として頑張ったんでしょうか。

ちなみにエレベーターはバックヤード用が一般の人も使えるように解放されています。しかも新型に更新済み。

レトロなカートも残っていました。

そして世界時計。これって古いスーパーでちょくちょく見かけるんですが一時期の流行りでしょうか?

ダイエーに限らず西友、サティ、長崎屋、ユニーといろいろな所で見かけました。そのうちこれの調査でもしてみようかと思います。

雨で残念だなと思いながら店内へ入ろうとすると傘袋がありました。

雨の日ではおなじみの光景ですね。しかし見ての通り古そうです。

で、この上になにやらテープで消された怪しい所が。なんだろうなと裏をのぞいてみると…

こんなところに忠実屋!!!雨の日に来てある意味ラッキーでした。

70年代初期のGMSの雰囲気を残すダイエー上溝店。古いスーパーが数を減らしている中現在も元気に営業中です。

==店舗データ==

店舗正式名

ダイエー上溝店

店舗番号 0534
所在地 神奈川県相模原市中央区上溝5-14-19
開店日 1972年10月1日
階数 地上4階/屋上(閉鎖)
店舗面積                            7225平方メートル
エレベーター/エスカレーター 日立
営業時間

1F:9〜22時

2〜3F:9時30分〜21時

4F:10時〜21時

アクセス

電車:JR相模線 上溝駅下車、徒歩3分

車:国道16号線 相模原警察署前交差点を上溝方向に2km

(16〜19時まで駐車場前の道路が右折禁止になるので注意 銀行棟手前の交差点から入れます。)

駐車場

あり(お買い上げ(金額制限無し)で2時間無料、252台)

備考

元忠実屋の店舗、ドムドムあり

2012/6/8作成開始

2012/10/28修正

戻る

inserted by FC2 system