NV-BS1

NV-BS1

NV-BS1

画像はクリックで拡大します。画像多用のため重い場合があります。

トップページ>NV-BS1

National NV-BS1(1988)

業界初のBSチューナ内蔵ビデオ。高価だっただけに出た数は少ないようです。基本構成はS-VHS初代機のNV-FS1の上にBSチューナを乗せたようになっています。

この機種がG21から続く系統を受け継いだ最後の機種のようです。

ちなみに

NV-G21(初代Gメカ、モノラル)→F21(Hi-Fi化)、F22(F21後継)→D21(デジタル機能追加)、D22(D21後継)→FS1(デジタル機能を取ってS-VHS化)→BS1(BSチューナ追加)

とつながっています。

正面から。下部分はFS1そのものですがインシュレータの背が高くなっています。

結局「National」ブランドで発売されたBS搭載機はこれだけでした。

ふたを開けたところ。ここもFS1とあまり変わりはありません。


操作部。アフレコ・インサート機能あり。

操作部右側。上にはBS関連の表示があります。

表示部。88年発売ですがFS1ベースのため初期設定は87年。

緑ではなくオレンジのフィルターが付いています。この個体はだいぶFL管がへたっているようです…

横から。ねじが4本も。背も高いです。高さならあのNV-V10000と争えるレベル。(BS1:152mm、V10000:159mm、ちなみにV8000は147.5mm)

背面。上にBS関連が。


各種端子。使い道が分からないリア音声出力も見えます。BS5同様BSアンテナ出力は無し。

下はFS1と同じです。

アンテナ端子。上の飛び出た放熱板が目立ちます。

主なスペック  
種類 S-VHS標準/3倍
音声タイプ Hi-Fi
レベルメータ・表示部 LED/Hi-Fiトラッキング表示可能・リニアタイムカウンタ
入力端子 映像/S映像/音声x1、マイク端子(ミニジャック)
出力端子 映像/音声x2、S映像x1、ヘッドホン(ステレオミニジャック、レベル可変)
頭だし機能 VISS
編集機能 アフレコ、インサート、エディットモード、編集端子
ワンタッチタイマー
サービスコンセント 1(連動/非連動)
消費電力 57W、待機時9.5W
バーコード予約
ヘッド GT4w、FE
メカ Gメカ
リモコン型番 VEQ0734、デジタルスキャナVEQ0741
定価 250000円
その他特徴 BSチューナ内蔵

 

 

2009/1/31作成開始

 

 

inserted by FC2 system