トップページ>Panasonic NV-BS500

Panasonic NV-BS500(1990)

NationalブランドからPanasonicブランドへ移行した後に作られたデッキです。

松下では初めてのBSチューナ搭載のVHSデッキ。(それまでのBS機はS-VHSのみだった)

レンタルビデオブームの影響をうけてか「れんたろう」という愛称がついています。

見た目はこんなデッキです。これも表示部には下敷きをはさんで色を変えてあります。

それまでの機種と同じく右側は大きなふたで覆われています。

National機と違いここの表記はシンプル。少しさみしい?

当時の販促シール。3倍のみプロ・アモヘッド、「シネマサウンド」は音に迫力が増すらしいです。

ふたを開けたところ。

まだヘッドホン端子や録音レベル調整なども残っていて機能は豊富です。

操作部左。初期のPanasonic機(NV-FS/F一桁など)と共通のものです。

操作部左。テープ残量表示もできます。中央の空きスペースには「DIGITAL TRACKING」と「INTELLIGENT TURBO MECHANISM」の表記が。

ヘッドホンと画質調整。

録音レベルつまみ。後継機のNV-BS600からは省略されてしまいました…

テープ挿入口の表記。実はどこにも書かれていませんがFEヘッドも付いているようです。

プロ・アモヘッドのロゴとシネマサウンドのインジゲータ。

表示部。、本来は緑です。レベルメータはNational時代の機種に比べ荒くなっている気がしますが元気に振れます。

各種インジゲータ。上2列はBS関連です。BSモニタースイッチはここに。

前面外部入力も装備。Nationalブランドの機種には付いていませんでしたがあると便利です。

背面。BS搭載なのでにぎやか。

アンテナ端子。垂直同期はNV-F3などと同じここにあるタイプ。

銘板。BSが付いているからか結構食べます。

BS関連の端子。デジタル出力はしっかり光と同軸の2系統。右はBS入力です。出力はありません。

電源。Panasonic標準のメガネタイプ。

入出力。「BS再入力切換」はどうやって使うのでしょうか。

Dシンクロエディットも装備。

主なスペック  
種類 VHS標準/3倍                
音声タイプ Hi-Fiステレオ
レベルメータ・表示部 FL ・リニアタイムカウンタ
入力端子 映像/音声x2
出力端子 映像/音声x2
頭だし機能 VISS
編集機能 -
ワンタッチタイマー
サービスコンセント

1(非連動)

消費電力 40W、待機時14W
バーコード予約
ヘッド プロ・アモ(3倍のみ)
メカ New ITメカ
リモコン型番 VEQ1153
定価  
その他特徴 BS搭載

2009/12/18作成開始

 

inserted by FC2 system