NV-D2000

画像を多用しているため重いことがあります。

トップページ>NV-D2000

National NV-D2000(1987)

この機種は初のフライングイレースヘッドを搭載した名機「Video Master」NV-1000HDに当時の流行だったデジタル機能(画面分割、ストロボ、アートなどの画面エフェクト)を追加したもので、結構なキワモノだっただけにあまり売れなかったようです。

数が少ないだけにずっと探してましたがやっと入手できました。

正面から。当時の最高級機だけあって分厚くインシュレータも立派です。

右側のジョグダイヤルが目を引きます。表示部はレベルメータ・カウンターと時計・タイマーで独立しています。この機種(1000HD、FS1000含む)は表示部のFL管が暗くなりやすいようです。この個体も時計部が暗くなっています。清掃しても回復しませんでした。


蓋を開けると操作部が出てきます。このスタイルは当時の松下機によくあります。


操作部左側です。テープ残量、Hi-Fiトラッキングも表示可能。録音レベルはAGC(自動)と手動に切り替えられます。


操作部中央。1987年発売ですがベースが1000HDなので時計・タイマーの操作はxxxHD系と共通の古いタイプです。アフレコ・インサート機能も装備。


操作部右側。この年代にしては珍しく前面外部入力が付いています。松下らしくワンタッチタイマーもあります。

背面。中央の大きな放熱板(?)が目立ちます。

背面左側。時代を感じさせるVHF/UHF独立アンテナ端子。音声端子は金メッキです。映像出力は右側にもう1系統あります(後述)。

背面右側。映像出力があります。編集端子も装備。サービスコンセントは非連動と連動・非連動(表のACオンラインスイッチで切り替え)の2系統。

各種表示。再生や早送りは文字で表示されます。

主なスペック  
種類 VHS標準/3倍
音声タイプ Hi-Fi
レベルメータ・表示部 FL/Hi-Fiトラッキング表示可能・リニアタイムカウンタ
入力端子 映像/音声x2、マイク端子(ミニジャック、LR独立)
出力端子 映像/音声x2、ヘッドホン(ステレオミニジャック、レベル可変)
頭だし機能

編集機能 アフレコ、インサート、エディットモード、編集端子、ジョグシャトル
ワンタッチタイマー
サービスコンセント

2(連動/非連動x1、非連動x1)

消費電力 48W、待機時12W
バーコード予約 -
ヘッド GX4、FE
メカ DDメカ
リモコン型番 VEQ0521
定価 ?
その他特徴 デジタル機能搭載

2009/1/3作成開始

inserted by FC2 system