トップページ>NV-D21

National NV-D21(1986)

ある日メールをチェックしていると一通のメールが。内容はビデオデッキをくれるというものでした。

他のジャンク修理サイトやAV機器関連のサイトでは見たことがありましたがまさかうちのサイトに来るとは思っていませんでした。かなり嬉しかったです。

デッキはNV-1000HDとNV-D21。どちらも未入手の機種だったので譲ってもらうことになりました。

Sさん本当にありがとうございました!2機とも大切に使っていきます。

で、上に乗っているほうがNV-D21。NV-F21ベースでナショナル初のデジタル機能搭載機です。

下は後継機のNV-D22。

電源ボタン周り。下にうつっている端子はヘッドホンとマイク。

この機種は前面がパネルで覆われているためよくテープ挿入口に書いてあるこの表記はこんなところに。

当時の販促シール。86年モデルのHi-Fi機には金色のものが付いています。

赤い「DIGITAL」ロゴが誇らしげな表示部周り。デジタル機能使用時には左上のDIGITALランプがオレンジに光ります。

後継機D22とD21の違いはほとんどカラーリングのみなのですが唯一外観で違うところが。

パネルを開くときに押すPUSH-OPENボタンです。D21では写真のようにパネルと同じ長さになっています。

D22だと少し出っ張っています。押しやすくする改良?のようです。

ふたを開けてみました。閉まっている時のおとなしい外観とは打って変わってにぎやか。

左側。もちろんヘッドホンレベルは可変できます。トラッキングは手動。

再生ボタンなど。アフレコ・インサートの編集機能もばっちり装備。

タイマー/時計関連の操作部。

チャンネル設定。すべて本体のみで操作できるので便利です。

「Hi-Fi MACLORD GT4w」の表記は外に書かれているのでここにはシンプルに「MACLORD」のみ。

鮮やかなLEDレベルメータ。Hi-Fiトラッキングの表示もできます。

表示部。他のGメカマックロードと同じです。中にも赤いDIGITALロゴが。

上から。当時のシールが残っていました。前オーナーが大切に使っていたのが分かります。

シールの拡大。デジタル映像処理の流れが書いてあるようです。

後ろ側。

電源部。サービスコンセントはACオンライン機能があるので連動に出来ます。

入出力。編集コントローラを繋げる編集端子も装備。

VHFアンテナ端子。ブースタ用電源出力は90年代中頃くらいまでの松下機の定番装備でした。

時代を感じるUHFアンテナ端子。

銘板。ロゴがあります。消費電力は35W。

 

主なスペック  
種類 VHS標準/3倍
音声タイプ Hi-Fi
レベルメータ・表示部 LED/Hi-Fiトラッキング表示可能・リニアタイムカウンタ
入力端子 映像/音声x1、マイク端子(ミニジャック)
出力端子 映像/音声x2、ヘッドホン(ステレオミニジャック、レベル可変)
頭だし機能 VISS
編集機能 アフレコ、インサート、エディットモード、編集端子
ワンタッチタイマー
サービスコンセント 1(連動/非連動)
消費電力 35W、待機時7.5W
バーコード予約
ヘッド GT4w
メカ Gメカ
リモコン型番  
定価 189000円
その他特徴 デジタルエフェクト搭載(9分割/アート/モザイク)

 

2010/6/25作成

トップへ戻る

 

inserted by FC2 system