画像多用のため重い場合があります。

トップページ>NV-FS1000

National NV-FS1000(1988)

「ビデオマスター」というとやっぱり真っ先に思い浮かぶのはシャンパンゴールド(?)の分厚いボディで受注生産、417000円(!)のバブルの象徴、NV-V10000という人が多いと思います。

しかしナショナル(V10000はPanasonicブランドでしたが)ではそれ以前にも数多くのビデオマスターを出していました。

ずっとさかのぼっていくとまだVHSがなかったころのビデオデッキに付けられたのが最初のようですが初のNEサーチを搭載したNV-10000、初のFEヘッドを搭載したNV-1000HDなどがあります。

次に1000HDをベースにしてデジタル機能を追加したNV-D2000が出るのですがその後、S-VHSが登場するとビデオマスターにもS機が出てきます。

それがNV-FS1000です。D2000同様NV-1000HDがベースで外観はそっくり。しかし数は少ないようであまり見かけません…

全景。「S Video Master」のシールが無かったら1000HDと見分けがつかないような気がします。

よくみると1000HDやD2000では右にあったナショナルロゴが左にずれています。なんか意味があったのでしょうか。

左側。テープ挿入口の表記がSVHSになっています。ヘッドはGX4ヘッドからGT4に。GT4wでは無いようです。

表示管は他のS機(FS1除く)と同じようにオレンジになっています。

右側。シールが誇らしげです。1988年オリンピックのマークも。Forオリンピックとかいって宣伝してましたね。最近もオリンピック前になるとHDDレコーダーを売り出したりするので物は変われどやってる事は同じような感じです。

左にはひっそりSVHSのインジケータが。1000HDだと「Jog And Shuttle Search」とか文字がかいてあった部分をうまく使っています。

時計用の表示管は別になっています。1000HD、D2000でもそうですがこっちの表示管は常時点灯しているからか劣化して薄くなっている個体が多いです。

ジョグシャトルは横の四角いボタンを押すと動作します。動作状態になるとLEDが点灯。

操作パネルを出しました。

左からいきます。端にはNationalロゴ。トラッキングは手動です。

結局Nationalブランドでオートトラッキングのモデルは出ませんでした。

 

中央部分。スイッチの数はNV-1000HDから変えずにうまく割当を変えています。「S-VHS」スイッチがあった所は1000HDでは録音レベルの手動/自動の切り替えでした。

FS1000では無くなったこのスイッチのかわりに録音レベルを5にすると自動で調整されるようになっているようです。

タイマー予約はベース機が85年発売なのでこの時代になってもまだ古いタイプです。おそらくこのタイプの最後の機種でしょう。

ここでも割当が変えられていて右にあるYCフィルタのスイッチは元ディテールのON/OFFでした。そしてこの機種でディテールスイッチがあった所は1000HDではACオンラインです。

このおかげでFS1000ではサービスコンセントの連動/非連動の切り替えが出来なくなっています。

右側。何故か1000HDにあったワンタッチタイマーが無かった事にされています。外部入力はコンポジット(黄色)が無くなりかわりにS端子が。

上から。

設計が古いのでチャンネル設定は上のふたを開けてやるタイプです。

内部。ふたの内側にあわせ方がかいてあります。

側面。割と分厚いです。

背面。やっぱり中央の放熱版が目立ちます。

もう使えなくなってしまいましたが…アンテナ入力。UHFはNV-xxxHD系の古い機種にで使われていたつまみが茶色いタイプをそのまま使っています。

下には入出力。ここでも映像出力がS端子になっています。高級機らしく音声は金メッキ。

右側。コンポジットの映像出力は編集用に用意されていたと思われるここのみに。追いやられてます。

サービスコンセントは連動と非連動が1つずつ。消費電力47Wってすごいですね。さすがバブル(なのか?)。

ちなみにFS1000では足がセラミックにグレードアップしています。

メカは1000HDとおなじDDメカなので耐久性は抜群です。Gメカより動作が早かったりコマ送りなどの細かい動きも出来るなどビデオマスターの名に恥じない造りです。

翌年に出たV10000のせいでかなり影が薄いのがかわいそうですが1000HDの最終進化系のようななかなか面白い機種です。

主なスペック  
種類 S-VHS標準/3倍
音声タイプ Hi-Fi
レベルメータ・表示部 FL/Hi-Fiトラッキング表示可能・リニアタイムカウンタ、テープ残量表示可能
入力端子 映像(S端子x1、コンポジットx1)/音声x2、マイク端子(ミニジャック、左右)
出力端子 映像(S端子x1、コンポジットx1)/音声x2、ヘッドホン(ステレオミニジャック、レベル可変)
頭だし機能 -
編集機能 アフレコ、インサート、エディットモード、編集端子、ジョグシャトル
ワンタッチタイマー -
サービスコンセント 2(連動x1、非連動x1)
消費電力 47W、待機時11W
バーコード予約 -
ヘッド GT4
メカ DDメカ
リモコン型番 ?
定価 ?円
その他特徴 NV-1000HDベースのS-VHS機

 

2011/8/2作成開始

戻る

 

 

inserted by FC2 system